節分に!卵を芯にして!5種の恵方巻のレシピ

2021年2月21日

卵を芯にして!5種の恵方巻

今回は、節分におすすめの薄焼き卵で具材を包み、そのまま巻いた恵方巻のご紹介です!

調理時間:約10分
節分の日に作った5種の具材の恵方巻です。
薄焼き卵で具材を包み、芯代わりにして巻きます。
恵方巻は丸ごとかじると、超美味しい!
ぜひ丸かじりで。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
こちらのレシピのキーワード:節分、恵方巻、薄焼き卵、芯、五目、5種

卵を芯にして!5種の恵方巻の材料(4本分)

白飯…1kg 寿司酢…200cc 卵…3個
片栗粉…小1 水…小1 海苔…4枚
★具材
卵…2個 砂糖…小1~2 かにかま…8本
きゅうり…1/2本 貝割れ…1/2パック シーチキン…1缶
マヨネーズ…大1~2

卵を芯にして!5種の恵方巻の作り方

【酢飯作り】
白飯に寿司酢を加え、切るようにして混ぜたら、冷めるまで置いておきます。

①★具材の卵と砂糖を良く溶きほぐし、卵焼き用フライパンで厚焼き玉子を作ります。

②かにかまはパックから取り出し、卵焼きは8等分に、貝割れは根元を切り落とし、シーチキンは缶汁を切ってマヨネーズと和えておきましょう。

③★具材でない方の卵に片栗粉を水で溶いたものを加え、よく溶きほぐしたら、薄焼き卵を作ります。

④薄焼き卵ができたら、ラップの上に置き、端の方に具材を縦に並べます。

⑤太巻のようにクルクルと巻き、巻き終わりを下にして、ラップで包み、落ち着くまで置いておきましょう。

⑥ご飯が冷めたら、海苔の上端を2cmほど残し、四隅まできちっとご飯を詰めます。
⑦手前に先ほどの卵ロールを置きましょう。

⑧海苔の端を巻きすの端に合わせ、卵ロールを押さえながら、ご飯と巻きすの境目まで一気に巻きます。
⑨その後くるんとひっくり返し、2度ほどギュっギュッと巻けばOK。
⑩落ち着くまで置いておきましょう。
卵を芯にして!5種の恵方巻
⑪両端を切り落として、完成です。

★美味しくなるコツ

薄焼き卵を作る時には、水溶き片栗粉を入れると、破れづらくなります。
卵焼き用フライパンが大きさちょうど良いので、ぜひ卵焼きフライパン(一人用)を使ってみてください。
巻く時には一気に境目まで巻くと、形が崩れにくいです。

楽天の関連商品

楽天レシピへのリンクはこちらから

節分に!卵を芯にして!5種の恵方巻♪