ナシゴレンを作ったら?ナシゴレンと合う献立をご紹介!

2021年9月18日

ナシゴレンに合う献立のおすすめは?

こんにちは。トレーズです。

先日はナシゴレンを作ったのですが、リクエストしてくれた妹が、どうせならナシゴレンに合う献立を作ってーと頼まれ、それならばと、2品追加して、ナシゴレンの献立にしてみました。
以前作ったことのあるレシピが役に立ち、家族で楽しみました。

ナシゴレンは、インドネシアの炒飯なので、から揚げやスープなどがぴったりです。

ということで、今回は、ナシゴレンに合う献立ということで、組み合わせ例などご紹介します。

献立メイン:ナシゴレンのレシピ

ひき肉入りの炒飯ですが、玉ねぎを素揚げするので、鶏のから揚げとセットで作りました。
目玉焼きも乗せると、簡単にボリュームアップできます。

唐辛子など入れると本格的ですが、今回は小さい甥っ子も食べるとのことで、あまり辛くないナシゴレンに…
甥っ子もバクバク食べてくれたおすすめレシピです。

詳しい作り方は、以下のページからどうぞ。^^

インドネシアの炒飯!あまり辛くない?ナシゴレン

献立おかず:鶏のから揚げ

ナシゴレンには、鶏のから揚げも良く合います。
子ども向けではないんですが、大人なら、ちょっとピリ辛のザンギもGOOD!

ナシゴレンを作っている間に揚げれば、時短にもなります。
ナシゴレン用の玉ねぎを先に揚げても良いですし、ザンギの後に揚げても良いですね。

ちなみに、ザンギとは北海道でいう鶏のから揚げのことで、家庭やお店によって色々な味があります。
ナシゴレンに合わせるなら、ピリ辛のザンギも良いですよね。

詳しいレシピは、以下のページからどうぞ。

献立サブ:ワンタンスープ

ナシゴレンがアジア系の炒飯なので、スープもアジアンティストにしてあります。
ウェイパーとワンタンの皮があれば、スープ作りも簡単。

きくらげを入れることで、ぐっとアジアンティストになります。
温かい方が美味しいので、ザンギなどを揚げ終わってから作ると良いかも。

詳しいレシピは、以下からどうぞ。

★ウェイパーで簡単!ワンタン風中華スープ

献立サブ:大根サラダ

最後に、やっぱり野菜がないとね!ということで、大根と鶏胸肉のバンバンジーです。
バンバンジーは、中華サラダなので、アジア繋がり。

ゴマわさびドレッシングがおすすめですが、こちらは好きなドレッシングでアレンジしてみてください。
ザンギを揚げている間に作り終えれば、順調に作れますよー。

詳しいレシピは、以下のページからどうぞ。

ナシゴレンの献立例をご紹介!

それでは、ナシゴレンを作った時のおすすめ献立をご紹介してみました。

時間配分をしっかりとすれば、1時間弱で作り終えることができるので、ぜひザンギの揚げ時間を上手く活用してみてください。

ちなみに、私が作る時の順序ですが…
まず、ザンギの鶏肉を用意して揚げている最中に、まずひき肉など炒めて先にナシゴレンを作ります。

ザンギは揚げるのに時間がかかるので、ナシゴレンの後、バンバンジーの鶏肉をレンジで温め、その間に目玉焼きを作ります。
その後、ザンギが揚げ終わったら、その油をそのまま使い、玉ねぎを素揚げしたら、器に盛りつけてバンバンジーの完成。

鶏胸肉がレンジで温まっているので、それを冷ましている間に、大根の細切りをします。
同じく鶏肉を冷ましている間に、ワンタンの処理をささっとして、スープも煮るだけで完成。

最後に、鶏肉を手で裂いて、切った大根などと盛りつけたらサラダの完成。

1時間くらいかかりますが、5~6人分が1時間で作れるならまぁまぁの時間配分かな?と思います。

それでは、ナシゴレンの献立がお役に立ちますように!