失敗なし!基本の全卵カスタードのシュークリームのレシピ

基本の全卵カスタードのシュークリーム

<所要時間:1時間以上 / 14~16個>

今回のレシピの内容

賞味期限切れが迫った卵があったので、卵を沢山使うシュークリームにしてみました。カスタードは全卵を使うので、卵白が余ることもなく、レンジで簡単にできます。

材料:シュー生地

●有塩マーガリン … 125g
●水 … 125cc
●牛乳 … 125cc
●薄力粉 … 150g
●卵 … 4~5個

材料:全卵カスタード

●卵…2個
●グラニュー糖…大8
●薄力粉…大4
●牛乳…400cc
●バニラオイル…3滴

作り方


①カスタードの卵を耐熱ボールに入れ、よく混ぜます。

②カスタードの砂糖を大1ずつ加え、その都度良く混ぜましょう。

③カスタードの薄力粉も大1ずつ加え、その都度良く混ぜ、バニラオイルも混ぜます。

④カスタードの牛乳も少しずつ加え、よく混ぜます。
⑤ラップをせずに、レンジで3分加熱して良くまぜ、更に2分加熱したら、とろみがつくまで、レンジで1分加熱を繰り返してまぜましょう。

⑥一旦カスタードクリームをこしてから、ボールに入れ、粗熱が取れたら、冷蔵庫でしっかりと冷やします。
【シュー生地作り】
⑦シュー生地用の薄力粉は、ふるっておきます。
⑧大き目の鍋を用意して、牛乳と水とマーガリンを火にかけます。
⑨マーガリンを切り崩すような気持ちで、混ぜながら溶かしていきましょう。
⑩沸騰してきて、泡が白くなったら火を止めます。
【第1の関門】
ふわーと白い泡が立つまで、完全に沸騰させて下さい。
泡が黄色い状態ではダメです。)

⑪間髪いれずに、薄力粉を一度に加え、手早く木べらで混ぜます。
【第2の関門】
とにかく素早く混ぜて下さい。
鍋からはみ出るんじゃないかというくらい豪快に混ぜます。

⑫生地をまとめながら混ぜ続け、なめらかになり、つるんと鍋底から生地が離れたらボールに移します。

⑬大き目のボールに生地を移し、生地を混ぜ続けましょう。
(生地が熱いうちに卵を入れると固まってしまうことも。 )
【オーブンの準備】
オーブンを250℃に温め始めます。

⑭生地の温度が人肌くらいになったら、卵の1/3を加えて混ぜ、さらに1/3量の卵を加えて、手早く混ぜ続けます。
⑮やわらかくなってきたら、慎重に少しずつ卵を加えていきましょう。
【第3の関門】
ここで入れすぎてしまうと生地が柔らかくなりすぎて、シューの膨らみが悪くなります。

⑯生地を持ち上げてみて、ゆっくりと逆三角形に落ちたらOK。

⑰オーブンシートを敷いた天板の上に、直径5~6cmくらいの円になるように搾り出し、その後霧吹きなどで、水を多めにふきかけます。
【オーブンで焼く】
250度に温めておいたオーブンに入れ、220℃に下げて8~10分焼きます。
充分膨らんだら、200度に下げて10分焼きましょう。
焼き色が付いたら、180度に下げて17~20分焼きます。

【最後の関門】
途中で焼き上がりを見たりしないで下さい。
温度が下がってしまい、シューがしぼんでしまいます。
焼きあがったら、ケーキクーラーなどの上で冷ましましょう。

⑱カスタードクリームを冷蔵庫から出し、シューに小さい穴をあけてから、シュー生地の中にクリームを絞ります。
基本の全卵カスタードのシュークリーム
⑲完成です。

★美味しくなるコツ

カスタードクリームは、一気に加熱すると固まってしまうので、最初だけ3分で後は、1分程を繰り返すと、簡単にとろみがつきます。
オーブンを開けると失敗するので、温度を下げる時にも、オーブンの扉は閉めたままで作業します。

★楽天などの関連商品

★楽天レシピへのリンクはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

濃厚なチョコの焼きドーナツ

2022.1.23

バレンタインに!濃厚なチョコの焼きドーナツのレシピ

<所要時間:約30分> 今回のレシピの内容 シリコン製のドーナツ型で、焼きドーナツを作ってみました。チョコをたっぷり目にしたので、ブ…

飲食店に特化したホームページ作成のお問い合わせはこちら!

Count per Day

  • 70現在の記事:
  • 37308総閲覧数:
  • 50今日の閲覧数:
  • 40昨日の閲覧数:
  • 39今日の訪問者数:
  • 27昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2021年3月29日カウント開始日:

おすすめ記事

ページ上部へ戻る