100均のチョコで!バレンタインのフィナンシェのレシピ

100均のチョコで!バレンタインのフィナンシェ

<所要時間:約30分>

今回のレシピの内容

バレンタイン用のチョコスイーツということで、チョコのフィナンシェを作ってみました。チョコはオール100均で、型もダイソーと、100均シリーズです。^^

材料:8個分

●有塩バター…70g
●卵白…2個分
●グラニュー糖…40g
●薄力粉…30g
●アーモンドパウダー…30g
●ココアパウダー…大1
●生地用チョコ…15g
●コーティングチョコ…20g
●ホワイトチョコ…20g
●カラーシュガースプレー…小2ほど

作り方


1:今回は、100均ダイソーの「とかしてまるチョコ」「とかしてかくチョコ」「コーティングチョコスイート」「カラーシュガースプレー」を使いました。

【下準備】
2:型には温めて液体にしたマーガリン(分量外)を刷毛で塗り、使うまで冷蔵庫に入れます。
3:アーモンドパウダーと薄力粉、ココアは一緒にふるっておきましょう。


4:小鍋にバターを加えて弱火にかけ、焦がしバターを作ります。
5:小さ目のボールに氷水を用意しておきましょう。

6:絶えず弱火で混ぜながら加熱し、薄茶色になったら火からおろします。

7:すぐに鍋の底を氷水にあて、3秒ほど経ったら、元の位置に戻しておきましょう。
(焦げすぎを防ぐためにしますが、冷ましすぎるのはNGなので、3秒程度が目安です。)

8:ボールに卵白をあけ、泡立て器で軽くコシを切る程度に混ぜます。
(泡立てるのはNGです。)

9:砂糖もボールに加え、ここも泡立てないように、泡立て器を垂直に構え、砂糖の粒が見えなくなるくらいまでぐるぐると泡立てましょう。

10:生地用のチョコを湯せんにかけて溶かし、滑らかになったらOK。
(熱すぎるとダメなので、40度くらいが目安です。)

11:チョコをボールに加えて、泡立てないようにグルグルと混ぜます。

12:ふるっておいたアーモンドと薄力粉、ココアもボールに加え、粉っぽさが無くなるまでグルグルと混ぜましょう。
(泡立て厳禁)

13:焦がしバターもボールに一気に加え、全体にツヤが出るくらいまで、ここはややしっかり目に混ぜます。
(全体にバターが混ざりきるまで混ぜます。)
【オーブンの準備】
オーブンを190度(時間は15分)に予熱を開始しましょう。
(コンベクションオーブンなら、170度で20分です。)

14:冷蔵庫から型を取り出し、スプーンで生地をすくい、それぞれ型の9分目くらいまで生地を入れます。
(ボールに入れたまま放置すると、焦げる原因になるので、すぐに型に移してください。)
【オーブンで焼いて冷ます】
190度のオーブンで15分焼きましょう。
(コンベクションオーブンなら、170度で20分。)
型をひっくり返すとすぐに外れるので、焼けた後はすぐにケーキクーラーなどの上に乗せて冷まします。

15:ホワイトチョコを湯せんにかけて溶かし、生地の片側に斜めに半分くぐらせましょう。

16:くぐらせたら、ケーキクーラーの上に乗せ、カラースプレーを一つまみずつ散らして、5分ほど冷ましておきます。

17:同じようにコーティングチョコも湯せんにかけて溶かし、反対側に斜めにくぐらせ、カラースプレーを散らしましょう。
100均のチョコで!バレンタインのフィナンシェ
18:チョコが固まるまで、10分ほど置いたら、完成です。

★美味しくなるコツ

今回は、100均の刻まないチョコを使いましたが、もし板チョコを使う場合は、細かく均一に刻んだものを使ってください。
生地に入れるチョコは、固まらないように使うまで火を止めておき、そのままお湯に浮かべたままにするとスムーズにいきます。

★楽天などの関連商品

★楽天レシピへのリンクはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

圧力鍋だから柔らかい!豚バラチャーシュー丼

2022.1.30

圧力鍋だから柔らかい!豚バラチャーシュー丼のレシピ

<所要時間:約30分> 今回のレシピの内容 圧力鍋でチャーシューを作り、ゆで卵も同時に作って丼ものにしてみました。肉が柔らかいと好評…

Count per Day

  • 10現在の記事:
  • 65488総閲覧数:
  • 41今日の閲覧数:
  • 169昨日の閲覧数:
  • 34今日の訪問者数:
  • 75昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2021年3月29日カウント開始日:

おすすめ記事

ページ上部へ戻る