春の味わい!さくら餡を使った桃色の串団子のレシピ

さくら餡を使った桃色の串団子

今回は、お祭りや春におすすめの、桜あんを使った櫛団子のご紹介です!

調理時間:約10分
さくら餡を使って、串団子を作ってみました。
桜の花や葉を使って、桜尽くしに。
もちもちの団子を、桜餡たっぷりで包みました。
ぜひ作ってみてください。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
こちらのレシピのキーワード:串団子、さくらあん、さくら餡、桃色、春、お祭り

さくら餡を使った桃色の串団子の材料(4本分)

白玉粉…80g 上新粉…20g 砂糖…大1
水…90ccほど 桜の花の塩漬け…10g さくら餡…240~250g
桜の葉の塩漬け…4枚

さくら餡を使った桃色の串団子の作り方


①ボールに白玉粉、上新粉、砂糖、刻んだ桜の花の塩漬けを入れて、軽く混ぜ合わせます。

②水を少しずつ加えながら、耳たぶくらいの柔らかさになるまで練りましょう。

③ひとまとまりにして、生地は完成。

④生地を12等分し、それぞれ丸めて団子を作ります。

⑤お湯を沸かし、団子をゆで、浮いてきたら、更に2~3分ゆでましょう。

⑥団子をゆでている間に、桜餡は20~24gずつくらいの餡玉を作ります。
⑦竹串は水に漬けておきましょう。

⑧茹で終わった団子は、氷水に入れてしっかりと冷やします。

⑨餡玉を一つ手に取り、平たくつぶしてから、団子を乗せ、団子をさくら餡で覆います。
⑩この工程を12回繰り返し、全ての団子を包みましょう。
さくら餡を使った桃色の串団子
⑪餡で包んだ団子を竹串に刺します。
⑫器に桜の葉を敷き、串団子を乗せたら完成です。

★美味しくなるコツ

竹串は水に漬けておくと、団子がくっつかずに済みます。
餡子が柔らかい場合は、ラップを使うと包むのが楽になります。

楽天の関連商品

 

 

楽天レシピへのリンクはこちらから

春の味わい!さくら餡を使った桃色の串団子♪