旬の山菜を使って!春の香りがするふきのとう味噌のレシピ

春の香りがするふきのとう味噌

今回は、春の山菜のフキノトウを使った、常備菜「ふきのとう味噌」のご紹介です!

調理時間:約10分
春になると作る、ふきのとう味噌です。
ご飯にもすごく合いますし、そのまま食べても、おつまみにしても美味しいです。灰汁さえ抜けば手軽に作れますよー。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
こちらのレシピのキーワード:ふきのとう、山菜、春、味噌、常備菜

春の香りがするふきのとう味噌の材料(大5~6個)

ふきのとう…大5~6個 サラダ油…適量
★調味料
味噌…大4 砂糖…大3 みりん…大2

春の香りがするふきのとう味噌の作り方


①ふきのとうは、根元を落とし、泥を良く洗い流します。

②鍋にお湯を沸かし、ふきのとうをさっとゆでましょう。
(30~40秒くらい)

③すぐに水に漬け込み、途中二三度、水を変えて、一時間放置します。

④水気をぎゅっと、しっかりと絞ったら、細かく刻みます。

⑤フライパンに薄く油をひき、ふきのとうをさっと炒めましょう。

⑥1分ほど炒めたら、★印の調味料を合わせたものを加え、若干とろみがつく程度まで炒めます。
春の香りがするふきのとう味噌
⑦完成です。

★美味しくなるコツ

ふきのとうは灰汁が強いので、ゆでた後はしっかりと水に漬けこんで灰汁を抜いて下さい。
重層などは入れる必要はありません。
一応保存食ではありますが、出来上がったら、冷蔵庫などで3日ほどで食べきった方が美味しいと思います。

楽天の関連商品

楽天レシピへのリンクはこちらから

旬の山菜を使って!春の香りがするふきのとう味噌