鶏モモの照り焼きと卵そぼろの変わり種親子丼のレシピ

鶏モモの照り焼きと卵そぼろの変わり種親子丼 主食

今回は、鶏モモの照り焼きと卵そぼろで作る変わり種の親子丼のご紹介です!

調理時間:約30分
じっくりと弱火で炒めた鶏肉を照り焼き風にし、卵そぼろで親子丼にしてみました。
シンプルですが美味しいと家族にも大好評。
ちょっと子供向けの親子丼です。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
こちらのレシピのキーワード:親子丼、変わり種、鶏モモ、照り焼き、卵そぼろ

鶏モモの照り焼きと卵そぼろの変わり種親子丼の材料(4人分)

ご飯…丼4杯分 鶏もも肉…4枚 卵…4個
卵用砂糖…大1~2 砂糖…大1~2 みりん…大1
醤油…大2 片栗粉…小1 水…大1
長ネギのみじん切り…大2ほど

鶏モモの照り焼きと卵そぼろの変わり種親子丼の作り方


①鶏もも肉は、身に浅く切れ込みを入れ、味が染みやすくします。

②ZIPロックなどの袋に、生姜の薄切り(1かけ分)、砂糖大1、みりん大1(全て分量外)と鶏肉を入れて、蓋をして手でよくもみ込み、冷蔵庫で30分ほど置きます。

③フライパンに薄く油(分量外)を引き、鶏肉の両面に焼き色を付けましょう。

④焼き色がついたら、蓋をして片面5分ずつ弱火で蒸し焼きにします。

⑤鶏肉を取り出してきれいにしたフライパンに、砂糖、みりん、醤油、片栗粉、水を入れて調味料を溶かしましょう。

⑥調味料に軽くとろみがついたら、鶏肉を戻し入れ、弱火で全体に味を絡めます。
⑦冷めたら、一口大に切っておきましょう。

⑧ボールに卵、卵用の砂糖を入れて解きほぐし、フライパンで卵そぼろ(半熟)を作ります。
鶏モモの照り焼きと卵そぼろの変わり種親子丼
⑨器にご飯を盛りつけ、上に卵そぼろと肉を盛りつけ、トップにネギを盛りつけて、完成です。

★美味しくなるコツ

卵そぼろは半熟にするとより美味しくなると思います。
照り焼きにするときには、調味料が焦げやすくなるので、強火ではなく弱火で全体に味を絡めてください。

楽天の関連商品

楽天レシピへのリンクはこちらから

鶏モモの照り焼きと卵そぼろの変わり種親子丼♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました